色がもたらす印象

印象は、ヒトによって異なります。ひとつのものから受ける印象は、すべての人が同じになることはありません。大きな影響を与えられるようにするのは大切ですが、いったいどんな人に訴えかけたいのかといった、セグメント分析も必要になってきます。

印象を左右するのは、それまでの経験も関係してくるからです。人生の中で、多くのことを経験していれば、多くのロゴを見てきているでしょう。その印象を崩していくのか、新たな印象を与えるのかでも違います。逆に若い年代にアピールする目的を持っているのであれば、いま流行していることとの関連性といったところも意識していかなければいけません。良いイメージを作り出すためにも、ネガティブな要因となる部分もはじき出しながらまとめていく必要があるでしょう。

カラー色も重要な要素です。人間の印象で大きなウェイトを占めてくる部分ですが、コントロールもしていけるようになります。色から連想していく部分もありますが、実際に記憶の中にはほとんど色づいてはいません。これは記憶に残る印象とともに、好きに色付けしたりするのです。だからこそ、うまくコントロールできれば、印象を強め、思い出してもらいやすいロゴになるでしょう。素人ではできる領域ではなく、プロに依頼するべき要因といえます。


参考:ロゴの作成業者

シンプルでアピール

会社ロゴを作成するメリットはいくつもあります。シンボルマークになってくれるのですから、イメージ戦略には欠かせません。企業としてのイメージは、なにも社名ではないでしょう。どんな商品を売っているのか、サービスを展開しているのかで違ってきます。そこに印象に残るロゴがあれば、セットになって印象に残るでしょう。

これが重要であり、ロゴを思い出せば商品が引き出され、商品やサービスで思い出せばロゴが出てくるようになります。これが勾配に大きな影響を与えるのは間違いありません。

インパクトを残すロゴであるのもひとつですが、シンプルで伝えられるようにする必要も出てきます。あまりに複雑なデザインは、印象があいまいになり、はっきりと伝えられません。関連性が保てなくなり、記憶の中で引きだされないからです。これでは認知度は高まっていかないことを考えると、バランスを取っていかなければいけません。アピールをしながら購買につなげていくためには、かなりの技術が必要になっていきます。単純に作ればいいだけのものではありません。ロゴ製作のプロに依頼するべき仕事であり、素人では難しいといえるのが、こうした理由に隠れているといえるでしょう。

ロゴと印象

多くの企業はロゴを持っています。持っていないところを探す方が難しいことでしょう。小さな事務所でも、ロゴを作っていくのは、自社の印象があるからです。ロゴを見た瞬間に判別してもらえれば、社名は思い出さなくても問題はありません。そこまで浸透していれば、商品やサービスと連動してくるからです。ここが大きなポイントになってきます。

ロゴがあることのメリットはいろいろとありますが、印象を残す、浸透していくというのは、もっとも考えていかなければいけないポイントになってくるでしょう。ロゴだけで認知してもらえるように、印象に残るようなデザインを起こさなければいけません。記憶の中に植えつけられれば、サービスや商品が出てきたときに、逆にロゴを思い出してもらえるようにもなるでしょう。この印象の強さは、購買に大きな力を与えるようになるからです。

制作会社印象に残るデザインを作るのは、簡単なことではありません。シンプルな中にも、はっきりとした内容を入れていかなければいけないでしょう。社名を盛り込むのもひとつですが、印象を植え付けるためにあえて避けるような選択も出てきます。企業理念といったところも盛り込みながら作るのですから、素人が作っていくのは不可能に近いといえます。商標権の問題も出てくるため、調査をするだけでも無理が出てくるでしょう。だからこそ、効果的なロゴを作り出していくのであれば、プロのロゴ製作会社を利用していくべきです。